日本女性は良い化粧水を使いたい

sanboh.exblog.jp

ブログトップ

化粧水の種類と主な成分や用途   

2010年 06月 30日

化粧水(けしょうすい)は、皮膚の保湿、整え、滑らかにする液状の化粧品である。ローション、トナー、トニック等と呼ばれることもある。例外的な使用にファンデーションや白粉に加えて粘度の調整や、つけやすくするために使用することもある。 元々は化粧品に使用される水のことを指します日本の化粧水が浸透し始めた江戸時代には、基礎化粧品ではなく、メイクアップ化粧品の一つである化粧下地、白粉の溶き水に使われる。 日本は、化粧水と乳液を一緒に使用するのが一般的であるが、欧米では日本の化粧水に該当するものを使用していない場合が多く、海外の化粧品メーカーは、化粧水を、主に日本向けにラインアップしているメーカーもある。 化粧水の種類一般的な化粧水 柔軟化粧水とも呼ばれ、通常、化粧水といえばこれを指す。保湿を与え、肌荒れを防ぐために、主に洗顔後の肌に使用する。 80%程度の水、10%程度のアルコール、グリセリンなどの保湿成分を数%、乳化剤、香料、防腐剤などを配合したのが一般的。ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、ローヤルゼリー、アミノ酸、ハマメリス、ビタミンなどの保湿剤、整肌剤によく配合されている。アルコールに敏感な肌のために、ノンアルコール化粧水も普及しているが溶媒としてアルコールを使用しないので、その代わりとして、皮膚への刺激となる乳化剤を通常より多く配合することがあるので一概にノンアルコール化粧品が肌への刺激が少ないことことができない。 美白ローション 肌に潤いを与える効果のほかに、しみ、そばかす、あるいは日焼けを防ぐ作用を持たせたもの。多くの医薬部外品。アルブチン、ビタミンCなどの美白成分を含有することは漂白作用ではなく、紫外線によるしみ、そばかす、紫外線防止作用によって、毎日使用するための期間の後に美白化粧水を使用しない場合よりも、結果的に肌が白く見えることを目的とするものである。また、ハイドロキノンなどの漂白作用によって直接しみ、そばかすを薄くすることもある。 植物性化粧水 狭義では、へちま水など植物から採取され、化粧水として使用できる液体を指すが、広い意味での植物成分で肌の保湿効果を主張するもの。アロエ、クインシード、きゅうり、へちま、レモン、米ぬかなどから採取される成分のエキスを配合する。
[PR]

by sanbohsanboh | 2010-06-30 12:03

<< ギャルファッションの対抗文化は美白