日本女性は良い化粧水を使いたい

sanboh.exblog.jp

ブログトップ

ギャルファッションの対抗文化は美白   

2010年 07月 02日

美白(びはく)は、色素沈着が少ないより白い肌を目指す美容上の価値が、ないような状態の肌である。主に顔の皮膚に使用されている。 人間の皮膚は、人種によって、その色が異なりますが、これは、皮膚に存在するメラニン色素に負うところが大きい。肌の色は、皮膚の下にある毛細血管の中を流れる血の色、すなわち赤血球(ヘモグロビン)の色に影響を与える。そのため、生物として生活しているだけに、純白のは難しいですが、ホワイトニング可能な白にアプローチすることを目的としている。 日本では、肌が白くくすみにシミが無い状態を好むの価値観は、古くから存在して、"色の白いは七難隠す(白い肌の女性は、少しぐらい醜い点があっても見当たらない。)"という諺もある。 "ウグイスのフン"が白い肌になる洗顔料として利用されていた。 "美白"という用語は、1990年代後半、美容研究家・料理研究家の鈴木その子が提唱して流行していた様子がある(→ブーム)が、実際にはそれ以前から、シミそばかすなどのメラニンの皮膚刺激性のスキンケア指す言葉として使われていた。 これらの美白志向は、1990年代初頭から次第に女子高生などに広がったのは、ガングロなどの過度の日焼けギャルファッションの対抗文化的な側面が存在している。 方法メラニンの生成を抑制する化粧品(美白化粧品)の一般的な方法である。 美白化粧品であることを公に行わためには、厚生労働省に認められた美白有効成分が配合されている必要がある。美白有効成分は主にアルブチン、コウジ酸が挙げられる。その他のビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸など数十種がある。
[PR]

# by sanbohsanboh | 2010-07-02 16:54